診療案内
大石クリニック

依存症を専門とするクリニックです専門病院との連携も十分です

依存症を専門とするクリニックです。入院でなく外来診療なのでご自分のペースで治療が続けられます。会社に通いながら、家事をしながら、通常の生活を乱すことなく依存症の治療ができます。

外来通院での治療ですが、入院が必要な場合には専門病院と充分な連携があります。阪東橋駅前の交通至便の地にあり、仕事帰りにも通えるよう夜間診療も火・水・木にやっており、夜間のみでも治療ができます。また悩みを抱えるご家族への家族相談には特に力を入れています。

社会復帰まで一貫してサポートしますリワーク復職支援・就労支援を行っています

途中で失敗してもあきらめないで下さい。何度でも付きあいます。ひとりで悩まないでください。社会復帰できるまで一貫してサポートします。精神的治療のみにとどまらず、社会的にも良好な状態を取り戻し働き先を見つけ自活の道を探り社会復帰を目指します。

万が一、リワークで復職に失敗して失職して無職からのスタートになっても、就労支援専門の施設「わくわくワーク大石」と連携して、職業訓練から求職サポート・就職まで個別に就労支援のサポートいたします。離脱症状を取るだけでなく、ただ薬を出すだけでなく、社会に戻れる、会社に戻れる、自分が社会の一員であるという誇りを取り戻すまでトータルなケアを行います。

診療時間

午前
9:20~11:00
午後
13:00~16:00
夜間
17:00~19:30※火・水・木
休診日
日曜・祝日
受付時間 月 火 水 木 金 土
9:20 ~ 11:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○
13:00 ~ 16:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○
17:00 ~ 19:30 ○ ○ ○
精神科職員募集

障害者の就労支援わくわくワーク大石
  • お知らせ お知らせ
  • 休診情報 休診情報
  • メディア・学会 メディア掲載
  • 研修 研修
  • 表彰状 表彰状

大石クリニック主催「動機づけ面接研修」開催日程のお知らせ(2018/11/6)
動機づけ面接研修の開催第14回 11/7(水)、第15回 12/5(水)、第16回 1/16(水)、第17回 2/6(水)、第18回 3/6(水)
18:00~19:30 大石クリニック 旧ビルの1階ミーティングルームA
大石クリニックにて動機づけ面接の講習会を行います。外部の方も参加可能です。
8月~集団初級プログラムの会場が旧ビル(デイケアのあるビル)の1階ミーティングルームAに変更となっていますのでお気を付けください。
不明な点があれば遠慮なくスタッフまでお尋ねください。
・3366305430

職員募集のお知らせ(2018/8/8)
・「経理・総務事務」の正社員(1名)を募集しています。詳細はこちら

医師の診察日変更のお知らせ(2018/6/12)
・長縄医師が診察を再開しました。木曜日の午前中と午後に診療を行います。
・岩崎医師の診察日が月曜日と金曜日となりました。月曜日は14:00~15:30のクラフトプログラムに参加されるため、月曜日に岩崎医師の診療を希望される方は13:00までに受付を済ませていただくようお願い致します。
金曜日は、13:00~15:30受付となります。ご了承ください。

プログラム変更のお知らせ(2018/6/12)
・以下のプログラムが6月16日(土)より時間変更となります。ご了承ください。
「クラフトプログラム」月曜10:20~11:50 → 14:00~15:30に変更。
「ギャンブルテーマミーティング」土曜午後13:35~15:05 → 10:20~11:50に変更。
(土曜午前と火曜夜診のGAテーマミーティングは現行のままです。)

夜間診療に関して(2018/6/12)
・6月20日(水)から、水曜日にも夜間診療およびプログラムを実施することになりました。
これまで木曜日の夜間診療は院長、矢野医師、醍醐医師となっておりましたが、水曜日の夜間診療開始に伴い院長の診察が木曜→水曜に変更となります。
・今後の夜間診療に関しましては、
水曜日:院長・小林医師、木曜日:矢野医師・醍醐医師となります。ご理解ご協力の程宜しくお願い致します。

夜間プログラム変更のお知らせ(2018/6/12)
・6月20日(水)から、水曜日にも夜間診療およびプログラムを実施することになりました。それに伴い、以下の木曜日の夜間プログラムが6月20日から水曜日に変更となりますのでご注意ください。

「買い物依存症ミーテイング」
「インターネット依存症ご本人向けミーテイング」
「インターネット依存症保護者向けミーテイング」

・また、新たに「性嗜好障害テーマミーティング」が水曜日の6階R2にて実施されます。
木曜日のテーマミーティングに参加されていた方は水曜日にも参加できるようになりましたので、お知らせいたします。そして、現在行っている「性マトリクスプログラム」も8月より水曜日に変更になります。

DV被害に遭われている方と、DV本人の方の相談・治療を行っています。(2018/5/17)
・大石クリニックでは、DV被害にあわれている方の心のケアをはじめ、DV加害者への対応もさせていただきます。またDV被害者・DV加害者のご家族向けに家族相談を行っています。
詳しくは→ (620) 646-3862

休診情報(2018/11/5)
・12月5日(水)の副院長および佐藤医師の診療は終日休診となります。

休診情報(2018/11/14)
・12月4日(火)の朝倉医師の診察は終日休診となります。

休診情報(2018/5/29)
・12月3日(月)の佐藤医師の診察は終日休診となります。

休診情報(2018/11/5)
・11月22日(木)の舘野医師の午後の受付時間は15時までとなります。

休診情報(2018/11/5)
・11月21日(水)小林医師の午前中の診療は休診となります。午後、夜間は通常通り診療を行っております。

休診情報(2018/10/7)
・11月20日(火)の佐藤先生の午後の診察は休診となります。

休診情報(2018/10/7)
・11月5日(月)の院長の診察は終日休診となります。

休診情報(2018/10/24)
・10月25日(木)の醍醐医師の診療は休診となります。

休診情報(2018/9/15)
・10月24日(水)の小林医師の診療は終日休診となります。

NHK取材「子ども狙う心の闇」

2018年8月22日(水)に放送されたNHKのニュースウォッチ9「子ども狙う 心の闇」にて当院の大石雅之院長のインタビューが放送されました。

6056588073

TBSテレビ『あさチャン』ストーカー

2018年8月16日(木)に放送されたTBSテレビ「あさチャン」にて当院の大石雅之院長がストーカーの取材をお受けしました。

9702573641

「サンデー毎日」万引き老人

8月5日発売の『サンデー毎日』(毎日新聞出版)にて大石雅之院長がクレプトマニアに関するインタビューを受けた記事が掲載されてます。

→詳細はこちら

テレビ東京「じっくり聞いタロウ」

7月12日(木)24:17~25:05 テレビ東京系列『じっくり聞いタロウ』にて当院の大石雅之 院長、小柴梓 看護師が医療監修をさせていただきました。

→詳細はこちら

読売新聞の記事「クレプトマニア」

当院の大石雅之院長がインタビューをお受けした『読売新聞』のクレプトマニアに関する記事がインターネット上でも閲覧して頂けます。
『 衝動的に盗みを繰り返す「窃盗症」、治療で改善…4年間で「発症なし」も 』
URL:/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00050013-yomidr-sctch
URL:559-338-4194

AERA(アエラ)の記事「性嗜好障害」

2018年6月18日発売『AERA(アエラ)』
2018年6月18日付のAERAにて当院院長がインタビューを受けた性嗜好障害に関する記事が掲載されています。
→詳細はこちら

朝日新聞の記事「クレプトマニア」

2018年6月10日 朝日新聞の記事
2018年6月10日(日)朝日新聞にて当院院長やスタッフ、患者様がインタビューを受けたクレプトマニアに関する記事が掲載されています。
→詳細はこちら

2018年1月25日に放送されましたNHKニュースウォッチ9にて、当院院長の大石雅之が性嗜好障害に関するインタビューを受けました。

2018年4月に放送されましたCBCテレビ『イッポウ』(月~金 16:50~19:00)にて院長がインタビューを受けました。

産経新聞の記事「金融不全真相カードローン」

2017年6月29日 産経新聞の記事
「金融不全真相カードローン」にて、大石雅之院長がギャンブル依存症の実態について述べているインタビュー記事が掲載されています。
→詳細はこちら

毎日新聞記事「性暴力をなくすために」

2017年6月19日 毎日新聞記事
「性暴力をなくすために」にて、大石雅之院長が性嗜好障害の実態ついて述べているインタビュー記事が掲載されています。
→詳細はこちら

週刊現代 卑劣!盗撮半の「テクニック」と「心理」

2017年5月29日発売 『週刊現代』
“卑劣!盗撮半の「テクニック」と「心理」”(p.190)に大石雅之院長のインタビュー記事が掲載されています。
(717) 598-2208

熊本日日新聞の記事「ストーカー相談2万件越え」

2017年4月7日 熊本日日新聞
熊本日日新聞の記事「ストーカー相談2万件越え」にて、大石雅之院長がストーカー治療の現状と課題について述べているインタビュー記事が掲載されています。
→詳細はこちら

愛媛新聞の記事「ストーカー相談2万件越え」

2017年4月7日 愛媛新聞
愛媛新聞の記事「ストーカー相談2万件越え」にて、大石雅之院長がストーカー治療の現状と課題について述べているインタビュー記事が掲載されています。
→詳細はこちら

信濃新聞の記事「ストーカー相談2万件越え」

2017年4月6日 信濃新聞
信濃新聞の記事「ストーカー相談2万件越え」にて、大石雅之院長がストーカー治療の現状と課題について述べているインタビュー記事が掲載されています。
(573) 287-6016

公明新聞の記事「ストーカー被害の防止へ」

2017年2月9日 公明新聞
公明新聞の記事「ストーカー被害の防止へ」にて、大石雅之院長がストーカー治療の現状と課題について述べているインタビュー記事が掲載されています。
5138855229

『AERA(アエラ)』の記事

2017年1月30日発売『AERA(アエラ)』
『AERA(アエラ)』の記事「ポイントは本人の気づき インターネット依存からわが子を守るには」に大石雅之院長がストーカー治療の現状と課題について述べているインタビュー記事が掲載されています。
(647) 616-4187

神奈川新聞および東京新聞の記事 大石雅之院長がストーカー加害者治療

2016年12月27日 神奈川新聞および東京新聞
神奈川新聞および東京新聞の記事にて、大石雅之院長のインタビュー記事が記載されています。大石雅之院長がストーカー加害者治療について神奈川県警の委託を受けたことが記載されています。
solemnify

毎日新聞の記事「カジノ法スピード成立…ギャンブル依存症対策は」

2016年12月22日 毎日新聞
毎日新聞の記事「特集ワイド―カジノ法スピード成立…ギャンブル依存症対策は?―」にて、大石雅之院長が依存症のある患者様の特徴や対応について述べている記事が記載されています。
→詳細はこちら

日刊スポーツの記事「覚醒剤断ち切る3つのカギ」

2016年5月18日 日刊スポーツ
日刊スポーツの記事「覚醒剤断ち切る3つのカギ」にて、大石雅之院長が覚醒剤依存症の回復について述べている記事が掲載されています。
→詳細はこちら

日本臨床

2016年3月15日放映 当院で行っている治療プログラムの「条件反射制御法」がフジテレビに取り上げられました。
4分47秒あたりから4分56秒あたりに当院職員の小柴が取材に応対しています。

2015年11月3日放映TBSテレビ15時50分~「Nスタ」で性嗜好障害について大石院長のインタビューが放映されました。

日本臨床

2015年9月発売 日本臨床社発行の「日本臨床」に掲載されました。
「(特集)依存症」の窃盗癖・買い物依存について、院長のコメントが掲載されています。

公衆衛生

2014年7月発売 医学書院発行の「公衆衛生」に掲載されました。
「(特集)行為への依存症-スマホ・ネット・ギャンブル」にて当院が紹介されました。院長のコメントが5ページにわたり掲載されています。

2015年6月22日放映のTBSテレビ18時45分~「Nスタ」で当院のクレプトマニアミーティングが放映されました

週刊朝日

週刊誌「週刊朝日」11月21日号に掲載されました。
「カジノ解禁は依存性を爆発させる ギャンブル大国日本」

ターザン

週刊誌「Tarzan」に掲載されました。

2014年6月26日号
知らず知らずにハマっている依存症の本当のコワさとは? 監修:大石雅之
2014年4月10日号
惚れやすい、溺れやすい「恋愛体質」の謎を解明する。 取材協力:大石雅之

病院の実力

2012年10月5日発売 読売新聞社発行の「病院の実力」に掲載されました。

2011年に新規で外来受診、あるいは入院した患者数の都道府県別に多い順に掲載。当院もP66~P67に神奈川県内で有数の施設として上位掲載されました。

TBSテレビから「ギャンブル依存症」で取材を受けました。

テレビ朝日から「脱法ハーブ」で取材を受けました。

性犯罪

2011年2月7日神奈川新聞 性犯罪被害者防止「GPSより早期治療」として取材を受けました。

「GPSの携帯よりも、早期の治療を」と訴えているのは、横浜市中区弥生町にある「大石クリニック」の大石雅之院長(56)。「常習性がある痴漢行為や盗撮などのわいせつ行為は、性依存症という病気の可能性がある」と指摘している。同クリニックで2008~10年に受診した77人のうち、再発が判明したのは6人。「この数字を高いと見るか低いと見るか。ゼロにはならないが、無駄とも言えない。再犯率を下げている可能性は高い」。集団での認知行動療法によって、女性に対する誤った考え方を訂正したり、犯罪を起こしやすい行動パターンを認識して改めたりするほか、患者同士のグループディスカッションなども行っている。

週刊朝日

週刊朝日増刊号 新「名医」の最新治療 P86に掲載されました。

心・精神の病気 セックス・ギャンブル・買い物依存症のページ(P86)にて偯、性依存症という病気の可能性があるãT事ˆç‰¹é›†ï¼¼ã‚¸ï¼ˆ¡Œã®å®ŸåŠ›"> <ã®å¤§çŸalt="神増ƒšãƒ¼ã–ãƒ/index映Úー㝐–ã¬è‡¨åºŠ">érƒ1㤺¬æ–°èž
…同壑2ƒ»ã1¡é§„が0®ãtåe>

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iている。

…同壑2ƒ»ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—けãc6/cp>‚‚’㸪ãth="132">受ã‘ã¶172ƒ»äけãªãth="132">受ã‘㪪ªª®å§‹ã€‚‘ã¶17ªãƒ¼Êã–ãµom‚‚’受けã¶17ªˆŠèª

—ƒˆãƒ‘ãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã2“ã2“ߨãa9ˆŠèª—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªª1ªªª¹ãs¦ã®å§”託を受けã¶17ªã€iていãªã™¢é•·a9ˆŠèª

—けã1¡é§„とãa9ˆŠèª

—ã痁¨ãc6/ciã高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãm‚‚’—けªªªªªã€‚

«æŒå£‘€i§‘㪪぀iだ⥊èª

—けãc6¨˜’åãƒ¼æs¦ã®å§”託を¡é§„とãa9ˆŠèª

—けž
iãiてãのå”2“ã7‚«®å§”託ã¥ãƒ …同壙9ˆŠèブ駄高ã4m§”2“ã2“ã2“ߨãa9ˆŠèª—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªªˆ19日 毼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託を受ã高な

¿§å£c6/cp>‚ã1¡é§„とãa9ˆŠèª

とãc6„ã‚‹‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ãs¦ã®å高ぁÌc¦Ìc¦Ìc¦èª

—けãc6¨¼‰ã•ã«‚‹ã€‚高こュ㧔2“ã7‚«ãƒ‚‹ã€‚ªãß¨ã â¥ã1¡é§“ã7‚ªª¹ãsªã£‘2ƒ»ã1¡é§„ƒ‚託ƒ¥ã§”2¢ã¸2ƒ»ã1om‚ã€è¼¯ のꪪª¥’ªªªª–ã¦ã¢ã8ソ¡æ–ãµom‚Áã¿¡æ‰ã¢ª¹ãsãc6/cp>©¼æs¦ö17ªÖã¯7‚ªª¨ãa9けã¶17 <¨ãa9ˆŠèª ¡é§2ƒ»ã1¡é€iÕÊã–ãªãŒ€i„やな¹ticle>‘㶂‹ã€‚™9ˆmidr-sctch" ªª¹ã¨¸Ì2£¯7‚ß¨ã €‚

…けã¶17ãc6/cc6/c1717 ã–ュ㧔2“ã7‚«ãƒ’高ぁª¨ãaˆŠèãc6/cp>‚‚’㸤ンã‚ãc6/cp>‚¸àªãªª¹ªª®ãやなªªªªªªª¹ãsp>‚‚’㸤ヹ㨸ða9¡é§“Œå2æœ> ƒ¹ã¨‘㶪ªªªªª¹ãs¦ã®å§”託の姏‚‚’高́ªªª‚託ƒ¥ã§”2¢ã®ã –㵁£‘2ƒ‘ãc6/‚’高ã

2011å‚

¼æs¦>‚‚’高け㶪ª„€‚Šè㶪ª„Œ€i„㪪ªª¹ãs¦ãª¹ãsp> a9¡é§“ã7‚«ã‚«ãるãûãs•§“ããけã¶æ>⥊ªª„€‚a9ˆŠèª

—ªªªªªªª¹ãsã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚ãたり—ªªªçŸ³> ぀iƒæ–°—けãc6/c17 Œ€i„µc17å­’é«å§”è‚6/cp>‚‚’ã32"> s¯‘ª

—けãc6/cp>‚¯®æœ€æ–°¹m‚「。—ããµom‚「t="ä¿¡ …åãc6/。

2016ビュžã®è¨˜ä›‚—け …åܪª„€‚a9ˆã‘ã¶17 ‚’å託ã¦ã«ãるの姾‘2ƒ»ã1¡é§„ƒ‘ …å ‚’å託ã¦ã«æ–°èžã®è”è‚6/cp>«p>—け¨ãa9ˆŠèª

—け®ãƒ£ãƒom‚「ª>—けãc6/cp>‚‚’高ãã®ãªªã£‘2ƒ»ã1¡é§„ƒ«˜ã4m§”2—けãc6/cp>‚‚’高ã4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚「ªªªª6ˆ19日 毼Êã–ãµom‚「ªªªªªªªª¹ãs¦ã®å§”託け¨ã‘¨é§„とµ¯‘ª

‚ªª¤ã„てè1¡é§„とãa9ˆŠèª

¡é§Œ¿

«æ£7‚«ãƒ¼Êã–ãµop>‚µom‚ÙªˆŠs¯‘ã—ãÁ¦ã³>‚’êꪪ®ãギ委託°¹Ì壑21ず炋㩫˜ã4mぼ»ã1¡»ã§„1ず炋ç„Ü …å˻㧄‘ …£‘21ず炋ç„Ü ˻¹トÑزæ¤é§ª>s¦ã®c6ªç

—ずö2ƒ»ã1ã託

2011å4ç/cp>‚‚”/cp>‚‚¨c¦Ìc¦Ô®å§’é«˜ã«ãƒ¼ä ªƒŸæ¢é•·t="È>s4mð聞っšç‚‹ç„Ü ïãc6/c‘ã¶17¡é§„¨˜äŒ¨— ®å§‚’ã32"> ïãc6’高にヂ‹ãこ託ƒ¥ã§”2¢ã®ãªè‚6/cp>§‚’”2¢ãÌcˆâ¥Â‚’㸤ã2011å4痠¨—ƒ¥ã¨—ƒã¶17‘ãc6/cp>‚‚’é«ã®ãªè‚6/cp>§ …同åäけã/f‚6s" alt="〣ƒˆãƒ¼ã«ãÌcˆâ¥Âp>§ ¦ãƒ¥ã§ã‘®å…ä¶1article> § èª

—ぁ‘ 4m‰€…吼‰Ê®å§e> §„¨˜Äる。

¨—を受Íã®ãƒ¼Îç™

¹Ì士˜ã ã㮁ªã€i「ªªª£4m§”2“ã7‚«ãƒ¼Êã–ãµom‚〖㵁ãs¦s¦s¦˜ã«ãƒ£Áæ

eçŠ¯ŒeçŠ¯ð…吼£‚«ãƒ¼é€iÞlt="〣ªÊã–ãµom‚midr-sm‚ã€èª²å…同jpg" wÈ>s‚«ãƒ¼ç¦4m§”2“ã7‚«ãƒ¼ãƒc¦¦Ìc¦t="䩦のê‘ãc6/。¼æèª

£€èª²ã€‚

 å17-img-10.jpg>‚‚’é« ã–ュãã¦ãc6/cpªªªª—ã¬é§¬‹ãã1²è¼±ã€ŽAERŽA

201ãa9ˆŠèª

¼Êã–ãth="132">å6s" alt="〣ƒˆãƒ¼ã«ã…æ>⥥§‚’ãいるイチŒ€i„㪪ªƒ¥ã¨—2011å“託ƒ¥ã§”2¢ã®ãª”2“> る可裀Œªªª¥¥§‚£è¨—À課é¯è£€¡éªªªªªªª

—け6/cpªª01ãa受ꪪ£a9ˆŠ×㧂’ããとãa9ˆŠèªãƒ6/cpªª®¼ã —«ãtªªªŠèª

£è¨—À課é¯èª4病æ>⥗けり行’受Íã ãªã€i–ュã”2“ã7‚«®img-10.jŠŒå»Œ€i„ã®a9ˆ¸‡…ä¶17£‚«ãƒ‚’㸤ヹ㨥Œå2æœ> ã–ュ‘㶪ªªª€®å¾ããªã”€i–ュƒ¼ï¦ã¤ãƒ¹ã¨ã¾¯ãµom‚ã ã–ュãã ý¨— …同å¡é§„É> «ãƒ¥ãã ªªªªª>‚‚’高ãꑪªâ¥¥§‚’ãã¤ãƒ¹ã¨¸¹ãsö2ƒé•·>–託め‘㶪ªªŠã– ‚‚’高㠗けg-10.jpgŒå¡éŠ®å§e> ªªªªªèŠã–

2017å¹´2月9日 公明æ–ãm‚ÝÌc¦t=委ªªªªªªÌc¦t=‘ã¶17¯‘ÌæÌc¦Ìc¦Ìcî 2·èž>—ã識¤ã Îしたã10.jpg>‚‚’é«èª‘ÌæÌc¦Ìc¦Ìcî 2·èž>—’受ãi„µã‹" width="132">

2017å¹´1月30日8152196811" targeã_blank">8152196811぀iている。 ‚ ‚<るã€!-- /#conts --> るã!-- /#main --> る!-- /#container -->